2006年06月05日

6/4 東京宝塚劇場「Never Say Goodbye」

宙組トップコンビのサヨナラ公演を2階の一番後ろの席から観てきました^^;;
でも結構センターだったので、中途半端な席よりずっとよく見えました。

小池先生の待望の新作、音楽はブロードウェイのフランク・ワイルドホーン氏書き下ろし
さらには大型トップコンビのサヨナラ公演と話題が重なれば、おのずと高まる期待・・・

しかし、あいにく作品については期待を裏切るものだったと敢えて言います。
なんとも面白みに掛ける作品でした。
地味だし、小池先生らしいファンタジックなところが全然ないし。
一本立てにする必要があったのかわかりません。

内容は、スペインの内戦を外国人の目で描いたものですが、
どのエピソードも中途半端なんですよね、、、
だいたい歌詞がよくない!だから歌が映えない。
前作で大怪我を負った和央さんのためにダンスが無いのは致し方なし。
しかしそれならせめてよい歌で盛り上げてほしかった・・・
曲は悪くないけど歌詞が大したことない、というか戯曲がつまらないから
歌全体の印象がそうなってしまうんだと思うんですけど。
外部作品にばかり力を入れてるんじゃないですか、と僻んでみたりして。

友人は宙組は作品に恵まれない・・・と嘆いておりましたが、
たしかに「望郷は海を越えて」とか超駄作だったしなぁ。。。
「ファントム」をやれたのはよかったのかな。

友達のそのまたお友達、娘役さんの織花なるみちゃんが退団されるので、
彼女ばっかり観ておりました!二幕の緑の花柄のお衣装、可愛かったです。
あんな後ろなのに、気づいてくださったそうで、うれしいわ♪

しかし、12年?だかトップ娘役を張った花總まりさんが、退団公演に限って
こう地味にされたら、逆に気味悪いと思うんですけど。
これが「男役を立てる」っていう清く正しく美しいルールなんですかね。
コンビ同時退団なんだから、一緒に華々しく辞めたらいいのにと思うのは
私だけなんでしょうか?(私は男役さんより娘役さん贔屓なんです)
功労者には間違いないんだしぃ。
でもそれは宙組をほとんど観なかった私だから言える台詞なのかしらね。
ネットじゃ「女帝」とか言われてましたもんね。確かに長すぎて
他の娘役さんたちのチャンスを潰したといわれても否定はできない。
でも今回もフィナーレの純白のドレス、とってもおきれいでしたよ。

(〜7/2まで)
*公演案内*
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/06/01cosmos_2/index.html

posted by るなーりあ at 17:40| 東京 ☁| Comment(21) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

6/1 映画「嫌われ松子の一生」

主演の中谷美紀が監督のしごきに堪えかねて、「女優なんか辞めてやる」と
思ったけれど、出来上がった作品を見て、「やっぱり女優になってよかった」と涙したほどの作品ということで、期待して行ってきました。
(Walkerplusでも「観てよかった」作品の1位だったし)
原作も読み始めたけど、映画の日に間に合わず・・・^^;; ま、いっかと。

テレビ出身の監督のせいか、映像の作り方が遊びっぽくて、ビデオクリップを見てるような感じ。
この監督、「濱マイク」のときもそうなんだけど、なんかおもちゃっぽいというか、真剣なのに笑っちゃうというか。
映像もちょっと古い、昔の少年少女雑誌の表紙みたいな作りだし。

以下、ずらっと出演者へのコメント。

中谷美紀・・・松子って特異なキャラ(教師からトルコ嬢とか)だけど、可愛さとか卑屈になってしまう生い立ちとかもすべてストレートに出しちゃうから一生懸命さは伝わるけど悲惨にならない。それが実は暗い役を鬱々と演じるのは得意な彼女には難しかったのかなと思う。今回のこの作品で、今後の彼女の作品選びがすこし変わるかなーと思わせるには十分でした。松子、可笑しくて可愛かったです。
瑛太・・・会ったことない伯母の存在とその死に戸惑いながらも、血を分けた肉親としての温かい気持ちがほんわか出ててよかったと思いました〜
柴咲コウ・・・中谷美紀とウリ。あなたが姪ですか?って感じ。ちょい役。
柄本明・・・体の弱い妹ばかり可愛がる父。子供にとっては「公平」ってすごく大切なんですよね。ちゃんと思ってくれてるってわかるのは後になってからなんだよなぁ。
香川照之・・・父亡き後の大黒柱として、松子にいつも冷や水を浴びせる弟。説教臭い役もうまいんですね。
市川美日子・・・病弱な妹。松子のコンプレックスの根源。松子だってわかってるんだけど、やっぱり親の愛って目に見える形で受けたいんですよね。私も姉だからすごくよくわかるのです。
谷原章介・・・同僚教師役。やたら白い歯がキラーンとして、二枚目なのに可笑しい。男前なんだから、あんまりこんなんばっかりやらないでほしいなぁ(笑)
宮藤官九郎・・・暴力をふるう売れない作家。最期切ない。ほんの少しなのに印象に残る役でした。
劇団ひとり・・・最近ツボにはまる人で(朝ドラの「純情きらり」でもおいしい役)、私この人、すごく巧いと思うんですけど。
今回もあの役はやっぱり俳優よりお笑いなのかな、って納得。意外と原作に忠実。
Bonnie Pink・・・というより、彼女と中谷美紀のトルコ嬢ぶりの映像はなんかきれいでびっくり。
最近再放送してた「カバチタレ」のタイトルバックみたいだったけど。意外とスポ根みたいで爽やかな感じでした。
武田真治・・・やっぱりきれいなお顔。殺されちゃう割りにはあまり影響ないのよね。
荒川良々・・・ほんと昭和40年代にいそうな感じ。(もっと古い?)松子が関わる唯一のいい人?
黒沢あすか・・・童顔だけど、いい啖呵切るんですよね。松子を大切に思ってくれるほんとによい友人。こういう人に背を向けるって、不幸になる人の典型なんだよなぁ、なんて思ったりして。すごく重要な役を弾けすぎずに締めたと思う。
伊勢谷友介・・・なんてきれいなんですかね、この人は。見惚れます。彼女は常盤貴子主演の映画「赤い月」で関東軍情報将校・氷室役がとてもハマってたんですが、ちょっと独特の台詞回しがいいんですよね。声も変わってるし。
スポットCMにもなってる月に顔が映るところも、彼だと素敵です(笑)

この他にも、中学の校長・角野卓三、教頭・竹山、刑事・マギー、隣人のロッカー?・ゴリ、弟の妻・濱田マリ、トルコのマネージャー・谷中敦(スカパラ)、女囚・土屋アンナ、AI、看守・あき竹城などなど、たくさん出てます。

*公式サイト*
5/27〜 東宝系

posted by るなーりあ at 00:00| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

おすすめワイン

最近ワインばかり飲んでますが、こちらもおすすめ!
あのロマネ=コンティとデュジャックの経営者が生み出したドメーヌ・ド・トリエンヌ
グリ&ブランはほんと美味しいです!!!
まとめ買いしたいんですが、品薄状態・・・

<グリ>
DRC(ロマネ=コンティ)とデュジャックの経営者が生み出す!ドメーヌ・ド・トリエンヌ・グリ[20...

<レゾーレリアン・ブラン>
トリエンヌ レゾーレリアン・ブラン[2002]

これから飲む予定のワイン
<レゾーレリアン>
トリエンヌ レゾーレリアン[2002]

2本で【送料無料】ビストロSMAPに紹介された赤ワイン「ピノノワール・サンタマリア2004 タンタラ

昨日のビストロSMAPでキムタク&剛ペア(惜しくも負けましたが)が紹介した赤ワイン「タンタラ」。
武豊も美味しそうに飲んでましたし、牛肉との相性を抜群と誉めてました。

posted by るなーりあ at 09:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

5/28 新国立バレエ団「こうもり」

昨年、会社の方が取ったけれど、事情でいけなくなったとのことで
新国立バレエ団の2005/2006シーズンチケットを譲り受けました。

「カルミナ・ブラーナ」 (2005/10)
「くるみ割り人形」 (2005/12)
「白鳥の湖」 (2006/1)
「ナチョ・ドゥアトの世界」 (2006/3)

と観てきて、すっかりバレエの虜になっております。
とくに、いままで見る機会の無かったコンテンポラリーバレエには
すっかりハマってしまいました。

ここのソリストで「カルミナ・ブラーナ」「ナチョ・ドゥアトの世界」で
主演した湯川麻美子さんが素晴らしいのです!
華奢で可憐な白鳥を踊るタイプではありませんが、
「カルミナ」のフォルトゥナで現れたときの格好よさには驚きました。
(この公演の記事はこちら
「ナチョ・ドゥアト」ではたくさんのダンサーの中の一人ではありましたが、
挨拶では最後に出ていらしたので、バレエ団の中でも、やはりコンテンポラリーの
第一人者という評価なのでしょう。
キレのよいダンスは本当にステキで、ついつい目が行ってしまいます。
ちなみにこの作品は現時点での私のBESTです。
なんと説明したらいいのかわからないので、詳細はこちら
読んでください。
とにかく心が動かされるのです。観終わった後、興奮がなかなか収まりませんでした。

さて長い前置きになりましたが、その湯川さんが踊られる「こうもり」を観てきました。
主役のベラは、世界的プリマのアレッサンドラ・フェリ、日本が誇るプリマの草刈民代さん
新国立バレエ団のソリスト・真忠久美子さんと踊られた後、湯川さんが千秋楽です。
夫の夜遊びに悩まされる貞淑な人妻が、夫の友人の入れ知恵で変身し
夫を誘惑し、家に取り戻すという話なのですが、湯川さんはちょっとウザい妻から
大胆に変身し、夫(新国立バレエ団のスターソリスト山本隆之さん)を夢中にさせるという
役柄の変わり方がすごかったのと、夫が戻ったときの満足そうな感じが
女性のしたたかさを感じさせて、とっても情感豊かだったと思いました。

ちなみにアレッサンドラ・フェリというダンサーは、彼女がまだ若い頃に
コヴェント・ガーデンで「ロミオとジュリエット」の舞台を観ました。(英国ロイヤルバレエ団公演)
可憐で、イタリア人のせいか、イメージ(映画のオリビア・ハッシー?)がぴったりで
ジュリエットそのもののような気がしました。
今回の案内を見ると、やはり年月を感じますが、未だに世界中で引っ張りだこの
ダンサーであることは間違いありません。

ということで、2002年のアレッサンドラ・フェリの公演のDVDをおすすめします。
湯川さんバージョンはいつか出ると期待して・・・


ちなみに新国立バレエ団の公演で感心するのは、お衣裳。
いつも微妙な色合いが素敵なんです。
真っ白でもなく、グレイッシュというかアースカラーなんかも使って
グラデーションのような色使いがほんとうにきれいです。
昔は衣裳・舞台美術といえばロシアが独壇場でしたが
日本人のセンスも優れているんだなと誇らしく思ったりします。

次回は7/2に「ジゼル」を観に行きます。


posted by るなーりあ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

5/27 劇団四季「クレイジー・フォー・ユー」

・・・実はあまり四季は得意ではありません。
にもかかわらずなぜ観に行ったかというと、これはロンドンで観たお気に入りのミュージカルで
ストーリーは大したことないけど、ナンバーがとてもステキなのと、ダンスシーンが多く、
これなら四季でもOKかな?逆にいうと、これでダメならもうダメだ、という
最終判断のつもりでもありました。

・・・で。
主演のボビーの荒川さんは歌も踊りもよし。ミュージカルを観てるって気分に浸らせてくれました。
ダンスシーンはさすがに鍛えられたアンサンブルで楽しい。
男性ダンサーの迫力は、さすがには宝塚では観られないものですし。

しかーし!ヒロイン・ポリー(樋口麻美)は歌が安心して聴けない。。。
高音と低音が別人が歌ってるみたいにかけ離れてる。
(彼女は以前、「マンマ・ミーア」で観たことがあるけど、びっくりするほど高っ調子なアニメ声の印象)
二幕目はまだ良かったけど、とてもヒロインに感情移入できるようなものじゃない。
アイリーンの森さんは上手いけど、ボビーにはちょっと老けてる感じ。
テス役の有永美奈子さんは、元花組男役の未宙星沙さん(宝塚時代は記憶ナシ)。
ボビーの協力者で、

一番よかったのはザングラーさんと偽ザングラー(ボビー)が鏡式に踊るところ。
あれは面白かった。いつまでやるのかな?という気もしないではないけど。
ロンドンで観た時はあっという間に終わってしまって淋しい気がしたけど
今回は・・・

やぱり四季は、私にはあんまり合わないように思います。
これなら、オリジナル版のCD聴いたほうがいいよなーということで。


5/27 於: 四季劇場[秋]
【配役】
ボビー・チャイルド 荒川 務
ポリー・ベーカー 樋口麻美
ランク・ホーキンス 牧野公昭
アイリーン・ロス 森 以鶴美
ベラ・ザングラー 渋谷智也
エベレット・ベーカー 松下武史
ボビーの母 斉藤昭子
テス 有永美奈子
ユージーン・フォーダー 三宅克典
パトリシア・フォーダー 加藤聖恵
posted by るなーりあ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

5/6&20 SHINKANSEN☆RS「メタルマクベス」

初ブログです。
記念すべき第一回は、内野聖陽さんの婚約発表(ショック!)直後の舞台の感想を。。。

SHINKANSEN☆RS「メタルマクベス」を観ました。(06/5/20 夜)
5/6に松本(まつもと芸術館)ですでに一度観たのですが、このときより
幾分映像による説明が増え、わかりやすくなったかも。

RSのRはロック、Sはシェイクスピアで、主役マクベスは内野聖陽さん。
(正確にはランダムスター役というべきでしょうか。)
彼の初舞台「女たちの十二夜」(1994)は、卒論テーマだったこともあり
偶然にも拝見していたのですが、そのときはこんな主役を張る役者に
なるとは思ってませんでしたねぇ。
その後出演したNHK連続ドラマ「ふたりっ子」の印象が強かったし。
しかし、蜷川演出の「ペリグリーズ」、噂のミュージカル「エリザベート」、
王道「レ・ミゼラブル」などなど。大役が続いた後に、このマクベス!
強くて弱い男の悲しくて可笑しい半生を、印象的に演じられました。
これが終わると来年はNHKの大河ドラマ「風林火山」ですね。
毎週お会いできるのが楽しみです☆

内野聖陽さんの作品の一部
NHK金曜時代劇「秘太刀 馬の骨」(2005): 藤沢周平
NHK金曜時代劇「蝉しぐれ」(2003)
「NINAGAWA×SHAKESPEARE BOX」: 「ペリグリーズ」(2003) イギリス公演で内野さんが絶賛されたとのこと!
映画「(ハル)」(1996): 甘酸っぱいです。インターネットとかこんなに普通になる前のお話です。共演は深津絵里さん

そしてすでに劇団☆新感線とは何度もコラボレートしている
市川染五郎丈の妹・松たか子さんがマクベス夫人役で、初出演。
彼女の魅力は舞台でこそ活かされると信じている私。
前作「贋作・罪と罰」でも「ミス・サイゴン」「コーカサスの白墨の輪」でも
ほんとうに彼女の芝居には心があると思います。
今回も「小さいほうにしておけばよかった」の科白にはほろっとさせられました。
このまま大女優になってください!
ちなみにドラマでも時代劇は大好きです。
あ、でも音楽活動も続けてほしいな。今回のアルバムもよかったですよ♪

CD「僕らがいた」: 新作アルバム。スキマスイッチやTriceratopsの和田唱などとのコラボ。透き通る歌声に癒されます。
映画「THE有頂天ホテル」(2006): 三谷幸喜監督作品。松さんは客室係です!
映画「隠し剣 鬼の爪」(2004): 山田洋次監督作品。永瀬正敏主演。下級武士とその家の元奉公人との恋。松さんは健気な「きえ」役です。
TBSドラマ「明るいほうへ 明るいほうへ」(2001): TBS創立50周年記念番組として製作されたTVドラマ。詩人・金子みすヾの生涯を描いた。松さん、出色です。
舞台「浪人街」(2004): 唐沢寿明主演の痛快時代劇。松さんは艶っぽいスリ役で、いい女っぷり楽しめます。大迫力の殺陣に感動。

脚本は大人計画の宮藤官九郎。クドカンといえば、いまやドラマでも
大変な売れっ子脚本家で、やや「ツボ」がマニアックな感はありますが、
あのシェイクスピアの悲劇を、実に巧みな二重構造に仕上げてまして
その才能には脱帽モノです。

宮藤さんの作品:
タイガー&ドラゴン DVD-BOX
木更津キャッツアイ 5巻BOX
ぼくの魔法使い DVD-BOX: 劇団☆新感線の古田新太と篠原涼子が入れ替わる?不思議な魅力満載のラブコメ
池袋ウェスト・ゲート・パーク DVD-BOX: 長瀬智也、加藤あい、窪塚洋介、妻夫木聡、山下智久、坂口憲二、佐藤隆太、はたまた渡辺謙まで。大ブレークを果たした若手勢揃いです。

映画「ピンポン」: 窪塚洋介主演。「浪人街」でも活躍の中村獅童が一躍脚光を浴びるようになった作品
映画「69 sixty nine」: 村上龍原作、妻夫木聡・安藤政信主演の青春映画
映画「ゼブラーマン」: 哀川翔がさえないサラリーマン→ヒーローへ変身を遂げる。けれど笑っちゃうのはクドカンのせい?
映画「GO」: 映画賞総なめの話題作。行定勲監督。窪塚洋介・柴咲コウの繊細な演技が出色

しかし、どんなに脚色してもシェイクスピアはシェイクスピア。
あの膨大な科白をこなすのは力量のある役者でないと無理。
劇団☆新感線とシェイクスピアって意外とマッチするのがわかったし、
内野さん、松さんともRSシリーズはぜひとも常連になってもらいたいです!

その他出演者へのコメント・・・

上條恒彦さん: 健在ですね!松本の方が音響がよかったのですが、
それにしても声量といい、迫力といい、舞台を締めてくれました。
重くなりすぎない芝居が、「ミュージカルの人」という印象。

森山未来さん: 歌よし踊りよしで弾けてました。アホなドラマより
どんどんミュージカルに出演してほしいと思います。
また観たいです。

北村有起哉さん: 3〜4年前に「かもめ」を観ただけでしたが、
神経質そうなお顔と細い体、悲劇にぴったりと思ったものでした。
今回はもう少し骨太のこの悲劇の重要なカギをもつグレコ役。
素晴らしい好演だったと思います。マクダフはご愛嬌?!

橋本じゅんさん: アカドクロ以来でしたが、今回も美味しい役どころ。
笑いの中にもきりっとしたところがあるのがほどよいのです。
アドリブで「おれもミュージカルで共演させてくれ!」と内野さんの
婚約をネタにしてました。

高田聖子さん: 出番が少なくて残念。色っぽくて巧い女優さんですね。
グレコ夫人として出ているときはかなり原作に忠実な科白でした。

松本では演出のいのうえひでのりさんが1階後列でチェックされてました。
私が観た日は、まつもと芸術館の芸術監督で演出家の串田和美さんが
ご家族連れでいらっしゃいました。体調不良で舞台を降板されたと
読みましたが、お元気な様子で安心しました。
串田氏演出の「コーカサスの白墨の輪」で松さんと共演された
女優の田中利花さんもいらっしゃいました。
青山劇場では誰も見つけられませんでした。

あー、青山劇場といえば、お手洗いが古くてびっくり。
最近どこも女性用お手洗いがきれいに数多くなっているのに
あれはひどくありませんか?
B1なんて、ドリンク売ってるところまでトイレ臭くて、なにか飲む気になんて
とてもなれないと思いますけど・・・

次回の観劇は、5/27(土) 劇団四季「クレイジー・フォー・ユー」
posted by るなーりあ at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。