2006年06月05日

6/4 東京宝塚劇場「Never Say Goodbye」

宙組トップコンビのサヨナラ公演を2階の一番後ろの席から観てきました^^;;
でも結構センターだったので、中途半端な席よりずっとよく見えました。

小池先生の待望の新作、音楽はブロードウェイのフランク・ワイルドホーン氏書き下ろし
さらには大型トップコンビのサヨナラ公演と話題が重なれば、おのずと高まる期待・・・

しかし、あいにく作品については期待を裏切るものだったと敢えて言います。
なんとも面白みに掛ける作品でした。
地味だし、小池先生らしいファンタジックなところが全然ないし。
一本立てにする必要があったのかわかりません。

内容は、スペインの内戦を外国人の目で描いたものですが、
どのエピソードも中途半端なんですよね、、、
だいたい歌詞がよくない!だから歌が映えない。
前作で大怪我を負った和央さんのためにダンスが無いのは致し方なし。
しかしそれならせめてよい歌で盛り上げてほしかった・・・
曲は悪くないけど歌詞が大したことない、というか戯曲がつまらないから
歌全体の印象がそうなってしまうんだと思うんですけど。
外部作品にばかり力を入れてるんじゃないですか、と僻んでみたりして。

友人は宙組は作品に恵まれない・・・と嘆いておりましたが、
たしかに「望郷は海を越えて」とか超駄作だったしなぁ。。。
「ファントム」をやれたのはよかったのかな。

友達のそのまたお友達、娘役さんの織花なるみちゃんが退団されるので、
彼女ばっかり観ておりました!二幕の緑の花柄のお衣装、可愛かったです。
あんな後ろなのに、気づいてくださったそうで、うれしいわ♪

しかし、12年?だかトップ娘役を張った花總まりさんが、退団公演に限って
こう地味にされたら、逆に気味悪いと思うんですけど。
これが「男役を立てる」っていう清く正しく美しいルールなんですかね。
コンビ同時退団なんだから、一緒に華々しく辞めたらいいのにと思うのは
私だけなんでしょうか?(私は男役さんより娘役さん贔屓なんです)
功労者には間違いないんだしぃ。
でもそれは宙組をほとんど観なかった私だから言える台詞なのかしらね。
ネットじゃ「女帝」とか言われてましたもんね。確かに長すぎて
他の娘役さんたちのチャンスを潰したといわれても否定はできない。
でも今回もフィナーレの純白のドレス、とってもおきれいでしたよ。

(〜7/2まで)
*公演案内*
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/06/01cosmos_2/index.html

posted by るなーりあ at 17:40| 東京 ☁| Comment(21) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

6/1 映画「嫌われ松子の一生」

主演の中谷美紀が監督のしごきに堪えかねて、「女優なんか辞めてやる」と
思ったけれど、出来上がった作品を見て、「やっぱり女優になってよかった」と涙したほどの作品ということで、期待して行ってきました。
(Walkerplusでも「観てよかった」作品の1位だったし)
原作も読み始めたけど、映画の日に間に合わず・・・^^;; ま、いっかと。

テレビ出身の監督のせいか、映像の作り方が遊びっぽくて、ビデオクリップを見てるような感じ。
この監督、「濱マイク」のときもそうなんだけど、なんかおもちゃっぽいというか、真剣なのに笑っちゃうというか。
映像もちょっと古い、昔の少年少女雑誌の表紙みたいな作りだし。

以下、ずらっと出演者へのコメント。

中谷美紀・・・松子って特異なキャラ(教師からトルコ嬢とか)だけど、可愛さとか卑屈になってしまう生い立ちとかもすべてストレートに出しちゃうから一生懸命さは伝わるけど悲惨にならない。それが実は暗い役を鬱々と演じるのは得意な彼女には難しかったのかなと思う。今回のこの作品で、今後の彼女の作品選びがすこし変わるかなーと思わせるには十分でした。松子、可笑しくて可愛かったです。
瑛太・・・会ったことない伯母の存在とその死に戸惑いながらも、血を分けた肉親としての温かい気持ちがほんわか出ててよかったと思いました〜
柴咲コウ・・・中谷美紀とウリ。あなたが姪ですか?って感じ。ちょい役。
柄本明・・・体の弱い妹ばかり可愛がる父。子供にとっては「公平」ってすごく大切なんですよね。ちゃんと思ってくれてるってわかるのは後になってからなんだよなぁ。
香川照之・・・父亡き後の大黒柱として、松子にいつも冷や水を浴びせる弟。説教臭い役もうまいんですね。
市川美日子・・・病弱な妹。松子のコンプレックスの根源。松子だってわかってるんだけど、やっぱり親の愛って目に見える形で受けたいんですよね。私も姉だからすごくよくわかるのです。
谷原章介・・・同僚教師役。やたら白い歯がキラーンとして、二枚目なのに可笑しい。男前なんだから、あんまりこんなんばっかりやらないでほしいなぁ(笑)
宮藤官九郎・・・暴力をふるう売れない作家。最期切ない。ほんの少しなのに印象に残る役でした。
劇団ひとり・・・最近ツボにはまる人で(朝ドラの「純情きらり」でもおいしい役)、私この人、すごく巧いと思うんですけど。
今回もあの役はやっぱり俳優よりお笑いなのかな、って納得。意外と原作に忠実。
Bonnie Pink・・・というより、彼女と中谷美紀のトルコ嬢ぶりの映像はなんかきれいでびっくり。
最近再放送してた「カバチタレ」のタイトルバックみたいだったけど。意外とスポ根みたいで爽やかな感じでした。
武田真治・・・やっぱりきれいなお顔。殺されちゃう割りにはあまり影響ないのよね。
荒川良々・・・ほんと昭和40年代にいそうな感じ。(もっと古い?)松子が関わる唯一のいい人?
黒沢あすか・・・童顔だけど、いい啖呵切るんですよね。松子を大切に思ってくれるほんとによい友人。こういう人に背を向けるって、不幸になる人の典型なんだよなぁ、なんて思ったりして。すごく重要な役を弾けすぎずに締めたと思う。
伊勢谷友介・・・なんてきれいなんですかね、この人は。見惚れます。彼女は常盤貴子主演の映画「赤い月」で関東軍情報将校・氷室役がとてもハマってたんですが、ちょっと独特の台詞回しがいいんですよね。声も変わってるし。
スポットCMにもなってる月に顔が映るところも、彼だと素敵です(笑)

この他にも、中学の校長・角野卓三、教頭・竹山、刑事・マギー、隣人のロッカー?・ゴリ、弟の妻・濱田マリ、トルコのマネージャー・谷中敦(スカパラ)、女囚・土屋アンナ、AI、看守・あき竹城などなど、たくさん出てます。

*公式サイト*
5/27〜 東宝系

posted by るなーりあ at 00:00| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。