2006年06月05日

6/4 東京宝塚劇場「Never Say Goodbye」

宙組トップコンビのサヨナラ公演を2階の一番後ろの席から観てきました^^;;
でも結構センターだったので、中途半端な席よりずっとよく見えました。

小池先生の待望の新作、音楽はブロードウェイのフランク・ワイルドホーン氏書き下ろし
さらには大型トップコンビのサヨナラ公演と話題が重なれば、おのずと高まる期待・・・

しかし、あいにく作品については期待を裏切るものだったと敢えて言います。
なんとも面白みに掛ける作品でした。
地味だし、小池先生らしいファンタジックなところが全然ないし。
一本立てにする必要があったのかわかりません。

内容は、スペインの内戦を外国人の目で描いたものですが、
どのエピソードも中途半端なんですよね、、、
だいたい歌詞がよくない!だから歌が映えない。
前作で大怪我を負った和央さんのためにダンスが無いのは致し方なし。
しかしそれならせめてよい歌で盛り上げてほしかった・・・
曲は悪くないけど歌詞が大したことない、というか戯曲がつまらないから
歌全体の印象がそうなってしまうんだと思うんですけど。
外部作品にばかり力を入れてるんじゃないですか、と僻んでみたりして。

友人は宙組は作品に恵まれない・・・と嘆いておりましたが、
たしかに「望郷は海を越えて」とか超駄作だったしなぁ。。。
「ファントム」をやれたのはよかったのかな。

友達のそのまたお友達、娘役さんの織花なるみちゃんが退団されるので、
彼女ばっかり観ておりました!二幕の緑の花柄のお衣装、可愛かったです。
あんな後ろなのに、気づいてくださったそうで、うれしいわ♪

しかし、12年?だかトップ娘役を張った花總まりさんが、退団公演に限って
こう地味にされたら、逆に気味悪いと思うんですけど。
これが「男役を立てる」っていう清く正しく美しいルールなんですかね。
コンビ同時退団なんだから、一緒に華々しく辞めたらいいのにと思うのは
私だけなんでしょうか?(私は男役さんより娘役さん贔屓なんです)
功労者には間違いないんだしぃ。
でもそれは宙組をほとんど観なかった私だから言える台詞なのかしらね。
ネットじゃ「女帝」とか言われてましたもんね。確かに長すぎて
他の娘役さんたちのチャンスを潰したといわれても否定はできない。
でも今回もフィナーレの純白のドレス、とってもおきれいでしたよ。

(〜7/2まで)
*公演案内*
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/06/01cosmos_2/index.html

posted by るなーりあ at 17:40| 東京 ☁| Comment(21) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。