2006年05月28日

5/27 劇団四季「クレイジー・フォー・ユー」

・・・実はあまり四季は得意ではありません。
にもかかわらずなぜ観に行ったかというと、これはロンドンで観たお気に入りのミュージカルで
ストーリーは大したことないけど、ナンバーがとてもステキなのと、ダンスシーンが多く、
これなら四季でもOKかな?逆にいうと、これでダメならもうダメだ、という
最終判断のつもりでもありました。

・・・で。
主演のボビーの荒川さんは歌も踊りもよし。ミュージカルを観てるって気分に浸らせてくれました。
ダンスシーンはさすがに鍛えられたアンサンブルで楽しい。
男性ダンサーの迫力は、さすがには宝塚では観られないものですし。

しかーし!ヒロイン・ポリー(樋口麻美)は歌が安心して聴けない。。。
高音と低音が別人が歌ってるみたいにかけ離れてる。
(彼女は以前、「マンマ・ミーア」で観たことがあるけど、びっくりするほど高っ調子なアニメ声の印象)
二幕目はまだ良かったけど、とてもヒロインに感情移入できるようなものじゃない。
アイリーンの森さんは上手いけど、ボビーにはちょっと老けてる感じ。
テス役の有永美奈子さんは、元花組男役の未宙星沙さん(宝塚時代は記憶ナシ)。
ボビーの協力者で、

一番よかったのはザングラーさんと偽ザングラー(ボビー)が鏡式に踊るところ。
あれは面白かった。いつまでやるのかな?という気もしないではないけど。
ロンドンで観た時はあっという間に終わってしまって淋しい気がしたけど
今回は・・・

やぱり四季は、私にはあんまり合わないように思います。
これなら、オリジナル版のCD聴いたほうがいいよなーということで。


5/27 於: 四季劇場[秋]
【配役】
ボビー・チャイルド 荒川 務
ポリー・ベーカー 樋口麻美
ランク・ホーキンス 牧野公昭
アイリーン・ロス 森 以鶴美
ベラ・ザングラー 渋谷智也
エベレット・ベーカー 松下武史
ボビーの母 斉藤昭子
テス 有永美奈子
ユージーン・フォーダー 三宅克典
パトリシア・フォーダー 加藤聖恵
posted by るなーりあ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。